カーチョイス・レンタカーサービス お役立ち情報

長期レンタカーが選ばれる理由

車を買うのはもう古い?
レンタカーだとこんなにも得する!その理由とは
  1. レンタカーを利用する5つのメリット!
  2. はじめての方必見!レンタカーを利用する際の注意点
  3. マンスリーで車を借りるなら「長期レンタカー」がおすすめ!
  4. 1ヶ月まとめ借りがお得!?長期レンタカーのメリットとは?
  5. 急成長を続ける「長期レンタカー」の需要について

レンタカーを利用する5つのメリット!

都心では、若者を中心にマイカー離れが進んでいますが、一方で好きなときに好きなだけ乗れる「レンタカー」を休み の日や旅行の際に利用されている方が増えているようです。
そこで今回は、レンタカーを利用するメリットや魅力をいくつかご紹介します。

メリット1 レンタカーは借りたいとき借りられる

レンタカーを利用する最大のメリット、それは「借りたいときに借りられる」ということです。
仲のいい友人と休みの日にドライブをしたい!マイカーは持っていないけど次の休みの日に家族旅行に行きたい!といったときは、目的や人数などに合わせて自由に好きな車を借りられるレンタカーの利用が便利です。
最近は、スマートフォンやパソコンから好きなときに予約できるようになっているので、利用開始日にお店の店舗まで足を運ぶだけで、簡単にレンタカーを借りることができます。
1年を通じて、毎日運転することはなくても、定期的に車を運転する必要がある人や、仕事の関係で数か月ほど車が必要になった人など、借りたいときに、好きなだけ借りられるレンタカーはとても便利で重宝されています。

メリット2 レンタカーは経済的な面で有利!

今まで、レンタカーを一度も利用したことがない人の中には、「借りたいときに借りられるレンタカーって、便利だけど高そう…」といったイメージを持っている方も少なくないようです。
ただ最近は、昔のようにレンタカーだからといって高額な料金がかかるわけではなく、実際はレンタカーを利用したほうが「経済的な面で有利」といったケースも少なくありません。
例えば、ネットからいつでもレンタカーを予約できる時代になったことで、レンタカーを貸し出すお店の中には、ネット割引や早割などを展開しているお店もあります。また、2、3ヵ月と長期で車が必要になる場合は、長期レンタル割引を利用することで格安でレンタカーを利用できます。
このように、期間限定で車を運転するという方にとっては、マイカーを購入するよりも、レンタカーを利用したほうが経済的な面で有利になることが多いのです。

メリット3 レンタカーはいろいろな車を運転できる!

レンタカーを利用すると、「いろいろな車を運転できる」といったメリットがあります。
例えば、一人で利用するときは小さめの軽自動車で十分ですし、家族など大人数で利用する場合は少し大きめのワンボックスカーを利用したり、購入を検討しているハイブリッド車を利用したりと、そのときの状況やご自身の好みに合わせて、自由に車の種類を選ぶことができます。
レンタカーを貸し出すお店によっては、予約の時点で好きな車種を選んで、あとは利用当日にその車種の中からランダムで選ばれた車が割り当てられることがあります。
この場合、自分の好きな色の車でなければ少し残念な思いをすることもあるでしょう。
そのため、車種の選択だけでなく、車の色なども自由に選びたいという方は、「個々の車別に指定をして予約ができるお店」を選んでレンタカーを利用されることをおすすめします。
いろいろな車を運転できるレンタカーは、これから新たに車を購入することを検討中の方にとって、非常に便利なサービスです。
新しい車が納車されるまでのつなぎとしてレンタカーを利用しても良いですし、購入前にレンタカーを利用して運転のしやすさや乗り心地などを試してみる、といった使い方もできます。

メリット4 レンタカーはいろいろな車を運転できる!

レンタカーは「手間がかからない」ことが魅力の一つです。例えば、マイカーを購入する場合は税金や自動車保険などの手続きが必要となり、定期的に点検整備に出す必要があるなど、お金だけでなく手間がかかります。
一方、レンタカーを利用すれば、そういった細々とした手続きはすべてレンタカーの利用料金に組み込まれているので、安心して乗ることができます。
レンタル可能な車すべてが保険に加入していることはもちろん、対物賠償保険が無制限、同乗者が怪我をした場合でも保険が利用できるような保険に加入しているレンタカー会社であればより安心です。
また、レンタカー会社を選ぶ際には、レンタル料金はそのままで、無料でロードサービスが付帯されている会社を選ぶと、万が一のときにも安心です。
レンタカーが途中で故障してしまったときも、ロードサービスが利用できる保険が付帯されていれば、365日24時間体制で対応してもらえるからです。

メリット5 レンタカーは洗車や定期点検が必要ない!

マイカーの場合、車体が汚れていれば定期的に洗車をしたり、休みの日に掃除をしたりと何かと手間がかかります。
一方、レンタカーを利用すれば、「洗車や定期点検が必要ない」ので、レンタカーを借りたらすぐに出発できますし、利用後もガソリンを満タンにするだけでOKなので、後片付けの必要なく簡単に返却ことができて便利です。
徹底した整備にこだわるレンタカー会社では、車両を貸し出しする前に、整備士の国家資格をもつスタッフがリフトに上げて、車両の下回りをくまなく点検しています。また、バッテリーやタイヤ、ベルト、エアコンフィルター、ワイパー、ラジエタークーラント、エアコンガスなどを、入庫の際にすべて交換、補充しているお店もあります。
外装の洗車、ホイール洗い、タイヤのワックスがけ、内装のマット掃除、シートやハンドル、ダッシュボード廻りの拭き掃除、それにガラス拭きなど細かな汚れも全てきれいにしてから貸し出されているレンタカーであれば、すぐに出発できて楽ちんです。

マイカーの場合、車体が汚れていれば定期的に洗車をしたり、休みの日に掃除をしたりと何かと手間がかかります。
一方、レンタカーを利用すれば、「洗車や定期点検が必要ない」ので、レンタカーを借りたらすぐに出発できますし、利用後もガソリンを満タンにするだけでOKなので、後片付けの必要なく簡単に返却ことができて便利です。
徹底した整備にこだわるレンタカー会社では、車両を貸し出しする前に、整備士の国家資格をもつスタッフがリフトに上げて、車両の下回りをくまなく点検しています。また、バッテリーやタイヤ、ベルト、エアコンフィルター、ワイパー、ラジエタークーラント、エアコンガスなどを、入庫の際にすべて交換、補充しているお店もあります。
外装の洗車、ホイール洗い、タイヤのワックスがけ、内装のマット掃除、シートやハンドル、ダッシュボード廻りの拭き掃除、それにガラス拭きなど、細かな汚れも全てきれいにしてから貸し出されているレンタカーであれば、すぐに出発できて楽ちんです。

はじめての方必見!
レンタカーを利用する際の注意点

マイカーを持っていないけど、次の休みに少し遠出してドライブしたい!といったときに便利なのが「レンタカー」です。レンタカーはネットから好きな車両を事前に予約しておけるので、短期での利用はもちろん、2~3ヵ月の長期利用にも大変便利です。
ここでは、便利なレンタカーをまだ借りたことのない方に向けて、レンタカーを借りる上で知っておきたい基礎知識や注意点について詳しく紹介します。

ポイント1 レンタカーを借りるときに必要なもの

レンタカーを借りることが初めての人でも、レンタカーを借りることができます。免許証などの必要書類を持っていれば、基本だれでも利用できます。
ただし、「21歳未満の方」または「免許取得後1年未満の方」はレンタカーを予約できないといったケースが多いので、この点は注意が必要です。

ポイント2 レンタカーを借りるときに必要なもの

レンタカーを借りる際は、当然ながら「運転免許証」が必要です。また、利用者の現住所が確認できる証明書(健康保険証や保険証のコピー)が必要になります。これら2つを持参すれば、はじめての方でもレンタカーを借りることができます。
尚、支払い方法にクレジットカード払いを指定しているレンタカー会社もあるので、支払い方法に関しては事前に確認しておきましょう。
尚、運転免許証や身分証明書を忘れてしまった場合は、レンタルカーを借りることができないので、くれぐれも忘れないように気をつけましょう。

ポイント3 レンタカーを複数人で運転するには?

複数人でレンタカーを運転する場合は、レンタカーを予約した代表者だけでなく、レンタカーを運転する人、全員分の免許証や現住所が確認できる証明書の提出が必要です。
事前に複数人で運転することが分かっているときは、レンタカーの利用を開始する当日、運転する人全員で店頭に行き、運転免許証を提示します。店頭に行けない場合は、運転免許証のコピーを代理の方が提出をします。
尚、レンタル期間途中に契約者以外の人が運転する場合は、運転を開始する前に運転免許証のコピーをFAXで提出します。
運転免許証の提出を済ませる前に事故を起こしてしまった場合は、保険が適用されないので注意が必要です。

ポイント4 補償内容をしっかり確認する

レンタカーを運転中に事故を起こしてしまったら、高額な請求をされそう・・・といったイメージをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。このような不安を払拭して、安全に運転するためにも、レンタカーを利用する前に「補償内容をしっかり確認する」ことが大切です。
一般的なレンタカー会社の場合、必ず基本料金に自動車保険が含まれています。もし事故を起こしてしまった場合、所定の金額を限度として賠償額が保険会社から支払われるようになっています。
ただ、その賠償額には、レンタカーを利用する人が負担する免責額があり、1事故で最大20万円をご自身で支払わなければなりません。
そのため、基本料金に含まれる保険の補償内容について必ずよく確認しておくことが大切ですし、万が一に備えて「自己免責補償」への加入をおすすめします。
自己免責補償を基本料金にオプションで追加すると、事故時の自己負担額を抑えることができます。

ポイント5 返却場所を予約時に確認する

レンタカーの返却場所は、レンタカー会社によってさまざまです。そのため、予約をするときに必ず「レンタカーの 返却場所を確認」するようにしましょう。最近は、乗り捨てというシステムを導入しているレンタカー会社もありますが、そうでない場合はレンタカーを借りた場所に返却するのが基本です。

ポイント6 車体の状態を確認する

契約内容や操作方法などについて説明を受けたら、実際に利用するレンタカーの状態を確認します。
このとき、念入りにチェックしておきたいのが、小さな傷やへこみです。
このような傷やへこみを出発前に見落としてしまい、いざ返却する時に指摘されれば、利用者による損傷と判断されて賠償請求をされる場合があります。

ポイント7 出発前に基本的な操作方法を確認する

はじめてレンタカーを利用するときはもちろん、運転したことのない車両をレンタルするときも、必ず「出発前に基本的な操作方法を確認する」ようにしましょう。
普段乗り慣れている車とレンタカーの操作方法が同じとは限らないので、サイドブレーキやパーキングブレーキ、ヘッドライト、ウインカー、ワイパー、ハザードランプなどの操作方法を一通り確認して、出発前に一度操作してみましょう。
最近はセルフサービスのガソリンスタンドでガソリンを入れるという機会が多いので、そういったときに焦らないように、車両のタンクの開け方を出発前に確認しておいたほうがいいでしょう。
また、車の種類やサイズ感の違いなどによって、アクセルやブレーキを踏んだときの感覚が異なることがあるので、スピードの出し過ぎなどには注意が必要です。

ポイント8 ガソリンを満タンにして返却する

レンタカーをお店に返却する際は、「ガソリンを満タンにして返却する」ことをお忘れなく。
給油せずに返却すると、走行距離などから価格を精算することになり、ガソリンスタンドの価格よりも割高な価格で請求されるケースもあるからです。

今回紹介したように、レンタカーを利用する際はいくつか注意しなければ点があります。
とはいえ、このような基本的なことを予め理解しておけば、はじめての方でも簡単にレンタカーを借りられますし、旅行やドライブがより充実したものになるはずです。

1ヶ月まとめ借りがお得!?
長期レンタカーのメリットとは?

数ヶ月のあいだに何度もレンタカーを使う機会がある場合は、短期でレンタカーを借りるよりも「長期レンタカー」を利用したほうが断然お得です!決まった期間だけ車を使いたいという方がいらっしゃいましたら、思い切って1ヶ月や3ヶ月とまとめて長期レンタカーを借りることをおすすめします。
ここでは、中長期の利用に便利な「長期レンタカーのメリット」について色々と紹介します。

メリット1 長期レンタカーの最大の魅力はその安さ!

長期レンタカーを利用する最大のメリット、それは「レンタル料金が格安」だからです。
ウィークリーやマンスリー専門の【業務レンタカー】が提供している長期レンタカーは、とにかく「激安」なことが最大の特徴です。
激安のレンタカー料金を実現させる秘密の1つ、それが「長期貸出」に特化していることです。
例えば、【業務レンタカー】で最も人気のあるAクラス:軽自動車ミニは、小回りが抜群のモコやアルト、EKワゴン、 ライフなどの軽自動車が、ETCや24時間ロードサービス付き、さらに保険込みで1ヶ月27,500円(税別)でレンタルできます。
【業務レンタカー】の長期レンタカーは、最短1週間~レンタルが可能ですが、3日以上レンタカーを借りるのであれば、Aクラス:軽自動車ミニが1週間9,000円(税別)でレンタルできるので、他店で車をレンタルするよりも断然お得に利用できます。
また、初めてのお客様に限り、なんと初回割6000円引きのサービスもあります!!

メリット2 オプションサービスを選択する

新しい車を購入するまでの間のつなぎとして役立つのが、「長期レンタカー」です。長期レンタカーは、とにかく長期で借りるほどレンタカー料金が割安になるのが大きな特徴ですが、他にも魅力的なポイントがたくさんあります。
例えば、長期レンタカーの場合、「同じレンタカーを長く利用できる」というメリットがあります。1日、2日と、短期でレンタカーを借りる場合、毎回異なる車両を振り分けられてしまうので、そのたびに車両の操作方法を確認し直さなければならないといったデメリットがあります。
一方、1ヵ月、2ヵ月と、一度にまとめ借りられる長期レンタカーの場合は、短期の利用とは異なり、契約期間中はずっと同じレンタカーを利用できるといったメリットがあります。
はじめの車で最初は操作方法に戸惑うかもしれませんが、徐々に慣れてくれば自家用車を運転しているのと同じような感覚で快適に運転できるようになります。
レンタカーを利用したことがない人の中には、「マイカーと操作方法が違うので上手く運転できるか不安」という方もいますが、長期レンタカーを利用すれば、同じレンタカーを長く利用できるので、運転を重ねるうちにそういった不安は徐々に解消されていくはずです。

メリット3 車のメンテナンス費用がいらない!

長期でレンタカーを借りる際は、定期的に車検やオイル交換などが必要になりますが、そういった事務処理や車に関する「メンテナンス費用がいらない」ことも長期レンタカーのメリットです。
オイル交換などのメンテナンスが必要なときは、長期レンタカーを借りた店舗まで車を持っていき、その場でオイル交換などをしてもらえるので安心です。
長期レンタカーを格安料金で提供している【業務レンタカー】では、お客さまに安心して車を運転いただくために、徹底した整備と清掃で常に綺麗な車両を提供していることが強みです。安定した乗り心地の普通車も、中古車とは思えないほどの快適さで、安心して利用できることが長期レンタカーの大きな魅力です。

メリット4 WEBから契約期間の延長ができる!

自家用車の故障に伴い修理期間中だけのつなぎ用として利用したり、日本への一時帰国で数ヶ月だけ利用したりと、長期レンタカーはさまざまな用途で利用されている便利なレンタカーです。
そんな長期レンタカーを利用される方によくあるケースが、「契約期間を延長する」ということです。【業務レンタカー】の長期レンタカーは、契約期間を延長したいという時に「WEB画面から簡単にレンタル延長の手続きができます」。
会員マイページから延長の手続きをする場合は、契約の延長をしたい期間に他のお客さまの予約が入っていなければ、その場ですぐに延長をすることができます。他に予約がなく、延長手続きができた場合は、いま借りているレンタカーをお店に返却することなく、そのまま乗り続けることができます。
また、万が一いま借りているレンタカーの延長手続きができなかった場合は、契約期間以降は他の長期レンタカーを新規で予約をして、返却日に新しく予約した長期レンタカーに乗り換えをするだけで契約期間の延長が完了します。

メリット5 保険料を安く抑えてコストを低減できる!

長く借りれば借りるだけ、その安さを実感できる長期レンタカーは「コストを低減できる」というメリットがあります。
社用車として法人でレンタルをすれば、長期レンタカーのレンタル料金は経費処理となり、メンテナンスにかかる管理費用なども必要ありません。さらに、「保険料」がレンタル料金に含まれていることも大きなメリットです。
レンタカー会社は基本的に、所有するレンタカーすべてに自動車保険をかけています。格安料金で人気の長期レンタカーにも、特定の金額を限度として保証制度が付いているので安心です。
複数人で長期レンタカーを運転する場合は、事故免責補償制度への加入申し込みが必要になりますが、1週間3,000円(税別、延長1日あたり428円)、1ヶ月間6,000円(税別、延長1日あたり200円)でオプションを付けられてコストを低減できる他、万が一事故が起きた際のお客さま負担額が最大50,000になります。

夏休みや冬休み、ゴールデンウィーク期間中の旅行や、年末年始、日本への一時帰国、仕事用に車を長期で利用したいという方におすすめのサービスが、今回紹介した「長期レンタカー」です。
普段利用はそれほど多くなく、まとまった期間だけ車を利用したいという方には、契約手続きが簡単で、事務手続きやメンテンナンスなどの手間を省くことができる長期レンタカーの利用をおすすめします。

マンスリーで車を借りるなら
「長期レンタカー」がおすすめ!

運転免許は持っているけど、肝心の車がない・・・。そういったときに便利なのが、レンタカーサービスです。
都心では、自家用車をもつ人が少なくなっていますが、その一方で注目を集めているのが、必要なときに好きなだけ借りられ るレンタカーです。
レンタカーは、半日や1日といった短期利用も可能ですが、より長く、安くお得にレンタカーを利用したいという方におすすめしたいのが、今回紹介する「長期レンタカー」です!

長期レンタカーとは?

「長期レンタカー」とは、その名のとおり、長期間貸し出された自動車のことです。
レンタカー会社によって、車を借りられる期間は異なりますが、長期レンタカーを専門にしている会社では、1週間から1ヶ月、または3ヶ月以上と、利用者の要望に合わせて、長期レンタカーを格安料金で提供しています。

さまざまなシーンで選ばれる長期レンタカー

週単位で借りられるレンタカーのことをウィークリーレンタカー、月単位で借りられるレンタカーのことをマンスリーレンタカーと呼ぶことがありますが、最近はこのような長期で借りられる長期レンタカーを選択する人が増えています。
例えば、春休みや冬休みのあいだに使う移動手段として、長期レンタカーを利用する方が多いようです。
免許取得から1年未満の方や21歳未満の方の場合は予約ができませんが、毎日は運転しないけど、1年の中で1ヶ月だけ、2ヶ月だけ、期間限定で車を運転するという方には長期レンタカーがおすすめです。
また、長期レンタカーは個人利用の他、ビジネスシーンでも多く利用されています。社内スタッフの増減に合わせて、必要なときにだけ長期レンタカーを利用すれば、経費削減に大いに役立ちます
中には、社員の地方への長期出張が決まり、その際の移動手段を確保するために長期レンタカーを利用している会社もあるようです。タクシーや運転手付きレンタカーなどを利用すれば、その分コストがかかりますが、社員が自ら運転できる長期レンタカーを使えば、そういったコストを抑えることができます。

では、長期レンタカーを借りる手続き手順を見ていきましょう。

<長期レンタカーを借りる手順>
 ネットからレンタカーを予約する

長期レンタカーは、パソコンやスマートフォンから24時間365日いつでもどこでも予約することができます。 ただし、出発日の前日や当日にレンタカーを利用する場合は、電話による受け付けが必要となるので注意が必要です。
レンタカー会社の専用予約システムから、「契約種別」や「お支払い方法」、「ご出発日時」、「ご返却日時」を選びます。
すると、レンタル可能な車両の写真と詳細が表示されるので、希望する車を選択します。詳細ページには、車体全体や内装の写真が掲載され、車両のサイズや走行距離などが詳しく記載されています。
長期レンタカーの総台数が多いレンタカー会社の場合、禁煙車だけでなく、喫煙車を選べたり、すでにナビが埋め込まれている車両を選べたりと、様々な条件のもと好みの車を自由に選ぶことができます。

<長期レンタカーを借りる手順>
 オプションサービスを選択する

借りたい長期レンタカーを選んだあとは、「オプションサービス」を選択します。
レンタカー料金には、任意保険があらかじめ含まれているのが基本です。ただし、もしも借りているレンタカーで事故や車両破損があった場合、事故の大きさによっては自己負担(免責額)が発生する場合があります。
オプションサービスの「自己免責補償制度」に加入しておけば、もし事故を起こした場合でも、ノンオペレーションチャージ(休業休車保証料)の負担のみで済むので安心です。
他にもオプションとして、レンタカーにポータブルナビを付けられたり、ゴールド免許の方は割引を利用できたりもします。
このようなオプションサービスを選択し、必要事項を入力して会員登録を済ませたら、長期レンタカーの予約が完了します。

<長期レンタカーを借りる手順>
 レンタカー料金は店頭にてお支払い

長期レンタカーの予約が完了したら、選択したレンタル開始日の出発時間に合わせてレンタカー会社の店舗に向かいます。
店舗では、長期レンタカーを利用する上での注意事項などの説明を受ける他、車両の傷やへこみなどの点検や操作方法の説明、契約書へのサイン、レンタカー料金の支払いをします。
長期レンタカー料金の支払いは店頭にて全て前払い制となっているので、免許証や現住所を確認するための書類のほか、クレジットカードも忘れずに持参しましょう。
店舗での手続きが全て完了したら、いよいよ車を運転して出発です。安全第一を心がけて、今一度、座席シートの位置やミラーの角度、シートベルトの着用などを確認して出発しましょう。

<長期レンタカーを借りる手順>
 長期レンタカーを店舗に返却

借りた長期レンタカーは、予定していた返却日に合わせて借りた店舗に返却します。
返却日以降も延長して利用したい場合は、必ず返却日前に会員マイページから延長の手続きを済ませておきましょう。
いま借りている長期レンタカーが、すでに他のお客さんからの予約が入っている場合は、延長をすることができないので注意が必要です。
この場合は、返却日から利用する長期レンタカーを新規で予約して、一旦いま乗っている長期レンタカーを返却日に返却し、新規で予約した長期レンタカーに乗り換えます。
会員マイページから延長の手続きが可能な場合は、WEB上からクレジットカード決済で延長料金の支払いを済ませれば、店舗に返却することなく、そのまま乗り続けることができます。
借りた長期レンタカーを店舗に返却するときは、必ずガソリンを満タンにした上で返却します。

「車を1週間レンタルしてあっちこっちドライブをしたい」「1ヵ月単位でレンタカーを使いたい」というときは、今回紹介した「長期レンタカー」の利用が便利です。
軽自動車ミニやコンパクトカー、それにハイブリッドやミニバンなど、あらゆる車種の中から目的や人数に合った最適な車をレンタルできるので、ぜひこの機会に長期レンタカーを利用してみてください!

急成長を続ける「長期レンタカー」の需要について

旅行先の移動手段や社用車として、あるいは購入した車の納車待ちや自家用車の修理期間中の台車として、近年大きく注目されているのが「長期レンタカー」です。
長期レンタカーとは、その名のとおり、1週間から、1ヵ月、2か月など、まとまった期間でレンタカーを借りることができる人気のレンタカーサービスです。徹底した整備と清掃でいつでも綺麗なレンタカーを運転できるだけでなく、長期利用者に嬉しい「格安料金」が多くのドライバーさんに選ばれる長期レンタカーの魅力です。
こちらでは、ここ数年、急成長を続けている「長期レンタカーの需要」についてお伝えします。

需要が高まる格安「長期レンタカー」に今後も期待!

数年前から、「若者の車離れ」という言葉をよく耳にするようになりました。
これは、大学生を含む20代の若者世代を中心に「車を持たない」、「車を購入しない」という考えを持つ人が多い、という傾向から生まれた言葉です。
そんな若者の車離れが進む中で、大きく成長を続けていると話題になっているのが今回紹介する「長期レンタカー」です。
車を購入しない、持たないといった選択をする人が増えている中で、「レンタカーを利用する機会は増えた」という方も案外多いのではないでしょうか。
それでは早速、右肩上がりで利用者を増やし続けている長期レンタカーの需要について紹介します。

必要なときにだけ車を利用する人が増えた!

現在の自動車の普及率は、10年ほど前に比べると約1割も低下していると言われています。
特に、20代から30代の世帯における自動車保有率が大きく減少中で、その結果、若者の車離れといった言葉が生まれました。
ただ、自動車の保有率が減少中といっても、車が必要なくなったというわけではありません。
自家用車を所有する必要性を感じられない人は増えていますが、その一方で旅行先や出張先での移動手段として、今でも「車は必要不可欠なもの」という位置付けにあります。
そこで今、若い世代を中心に大きく注目されているのが、必要なときにだけ車を利用できる「長期レンタカー」の存在です。
必要なときに、リーズナブルなレンタル料金で気軽に利用できるという理由から、長期レンタカーを1ヵ月まとめ借りして、定期的に運転を楽しむといった方が増えています。

長期レンタカーの個人需要が急成長中!

長期レンタカーと言えば「法人需要が多い」といったイメージがありましたが、最近は「必要なときにだけ長期レンタカーを利用したい」といった「個人利用」の需要が大きく急成長しています。
パソコンやスマートフォンの普及により、インターネットから簡単に長期レンタカーに関する情報を集めやすくなり、場合によっては予約を入れたその日のうちにレンタルすることも可能になりました。レンタカー会社の予約サイトやアプリなどを使えば、365日24時間、いつどこからでも予約を入れて、長期レンタカーを借りることができます。
また、自ら自動車を保有するとなると、税金や車検、メンテンナンスなどの手間やコストがかかりますが、長期レンタカーを利用するとこういった手続きもレンタカー会社が代行してくれますし、メンテンナンス費用や保険料などもレンタル料金に含まれているといったメリットがあります。
このような様々なメリットから、最近ではプライベートでの旅行を前に、ネットから事前に長期レンタカーを予約して、旅行を楽しんだり、長距離の移動に利用したりという人が増えています。

長期レンタカーの利用形態は多様化している!

電車やバスなどの移動手段が少ない地方での移動や、大きな荷物を持った旅行の場合、車があったほうが移動に便利な ことから、長期レンタカーを利用する方が多いようです。
それに加え最近は、プライベート旅行以外にも、長期レンタカーの使い道が大きな拡がりをみせています。
例えば、夏休みや冬休みの間だけ、子どもを塾へ送り迎えしなければならない場合に長期レンタカーを利用されることがあります。また、帰省先の移動手段として長期レンタカーを借りるなど、車が必要になる期間が限定的な場合や車を購入するほどではない、といったときに長期レンタカーは大変便利です。
長期レンタカーは個人利用だけでなく、ビジネスシーンでも多く利用されています。車が必要になる地方への長期出張や、ビジネス関係者の送迎用など、長期レンタカーの利用シーンは多岐にわたります。

東京オリンピックを控え需要拡大が予想される長期レンタカー!

長期レンタカーの需要は、日本人の利用者に限ったことではありません。ここ数年、日本への訪日外国人観光客数が増加していますが、2020年の東京オリンピック、2025年の大阪万博などを控えていることもあり、長期レンタカーの需要はますます拡大することが予想 されています。
日本国内における訪日外国人観光客の移動手段といえば、基本的には電車などの公共交通機関でしたが、最近は訪日旅行のリピーターを中心に長期レンタカーを交通手段の一つとして選択する方が増えています。
電車などの待ち時間や大量の荷物を気にすることなく、日本全国を移動できる長期レンタカーの便利さ、そして長く利用するほど安さを感じられるコストパフォーマンスの良さが、多くの外国人観光客に選ばれている長期レンタカーの魅力といえます。

「車を1週間レンタルしてあっちこっちドライブをしたい」「1ヵ月単位でレンタカーを使いたい」というときは、今回紹介した「長期レンタカー」の利用が便利です。
軽自動車ミニやコンパクトカー、それにハイブリッドやミニバンなど、あらゆる車種の中から目的や人数に合った最適な車をレンタルできるので、ぜひこの機会に長期レンタカーを利用してみてください!